10月29日、JR東日本秋田支社は五能線のキハ40・48形が引退することに伴い、オリジナルの横サボを装着させて運行すると発表しました。

ヘッドマークが装着される列車はどの列車?

新型車両GV-E400系の導入に伴い、JR東日本秋田支社は今年の冬に五能線で運用されているキハ40・48形を引退させると発表しました。

それに合わせて11月7日から同線の一部列車はオリジナルオリジナル行先票(横サボ)をつけて運行します。

装着列車は以下の通りです。

東能代駅 7:23 発 弘前行
弘前駅 16:28 発 深浦行
深浦駅 20:15 発 東能代行

最近一部の鉄道ファンによるマナー違反や違法行為が多く確認されています。JR東日本は「写真撮影や列車乗車の際は、節度ある行動とマナーをお守りいただくほか、沿線での自動車運転などには十分ご注意ください。」と強く呼びかけているとともに「マナー違反などが繰り返し発生した場合は、当企画の早期終了や次回企画は実施できない場合がありますので、予めご了承ください。」と以前では考えられないような忠告をしました。

わざわざプレスリリースに小学生でもわかるようなことが書かれてしまいました。205系のような悲惨な最後にならないといいですね。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事