JR西日本で発売する「WEST EXPRESS 銀河」は新型コロナウイルスの影響で当面の間、日本旅行の「旅行商品」として発売しています。

既に「WEST EXPRESS 銀河」を予約し、購入した人(hakase1990さん)からは「車内提供の食事がタダ同然」という声も聞かれています。

Gotoトラベルキャンペーンと、JR西日本の乗車券類が異例の50歳以下にも「おとなびジパング」適用として発売されるなど珍しい点がいくつかあります。

※便宜上、「WEST銀河」と以下の文章では記載します。

【JR西日本】WEST銀河 Gotoトラベル・おとなびジパングでいくら安くなる?

旅行代金はGotoトラベル・おとなびジパング適用でいくら安くなっているでしょうか?

元値は4万100円ですが、Gotoトラベルキャンペーン分で1万4030円割引となっています。

これにより旅行代金は2万6070円となり、通常大阪~出雲市間をWEST銀河で乗車した場合の通常価格は1万3430円ですから、往復だと2万6860円になります。

この時点で790円安くなっていますが、さらに驚きなのは夕ご飯の弁当・ピザが3食分がついていて、一畑電車のフリー乗車券がついていることです。

50歳未満にも「おとなびジパング」適用で運賃・料金が3割引で価格2万円台を実現か?

「おとなびジパング」とは満50歳以上が入れる会員で、年会費が夫婦で6410円必要です。

年会費を払うことでのぞみ・在来線特急が3割引、こだまが6割引となります。

しかしながら、今回の「WEST銀河」の旅行商品には、満50歳未満の人にも「おとなびジパング」が今回の旅行で適用されています。

おとなびジパングが適用にできたのは団体旅行としての取り扱いによって適用することができたのではないかと思われます。

大阪~出雲市間の定価から「おとなびジパング」の3割引をした金額は1万8800円(10円未満切り捨て)となります。

元値が4万円なので2万1000円分が特製弁当・一畑電車のフリー乗車券などの料金に充てられているのではないかと推測することができます。

今だけの特別割引料金で「WEST EXPRESS 銀河」に乗ってみるのもいいかも

新型コロナウイルスの影響の影響で定員を通常より減らしているのは、鉄道会社からするとデメリットですが、利用する人の中には「そこまで混んでいない」という理由でメリットを感じる人もいるでしょう。

いずれにしても、Gotoトラベルキャンペーンの適用で定価より安く旅行ができているのは事実です。

Gotoトラベルキャンペーンの適用地域の人はチャレンジをしてみてもいいかもしれません。

また、JR東海でも「今しかできない旅行」が実施されています。これと組み合わせて旅行をしてみてもいいかもしれません。

鉄道コムのブログランキングに参加しています。1日1回投票をお願い致します。
鉄道コム

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事