JR九州は新型コロナウイルス感染拡大の影響で経営状況が悪化したため、普通回数券を廃止・発売を終了すると発表しました。

普通回数券一体なぜ終了に 終了日はいつ?

今回3か月間有効となる普通回数券の廃止が発表されました。普通回数券は、JR九州内で200km以内の区間で発売されており、10回分の値段で同一区間を11回分乗れるというのが特徴でした。

しかしながら、新型コロナウイルスによるお客様の減少・JR九州を取り巻く経営環境の変化を受けて発売を終了するということです。

発売を終了する日は2021年6月30日、下関発着となる普通回数券は2021年9月30日に発売を終了します。

発売終了後も有効期間満了日まで使用できます。

今後も発売を継続する普通回数券は?

今後も発売が継続される回数券は、身体障害者割引、知的障害者割引及び通学割引の普通回数乗車券のほか、JR九州で完結せず、JR西日本区間にまたがる回数券については継続して発売します。

少しでも運賃を安く済ませようとしていた方や、金券ショップなどには影響が出るかもしれませんね。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事