JR九州は「シーサイドライナー」で使用されているキハ200形・220形のラストランが発表されました。また、ラストラン当日には特別企画がされるということです。

ラストラン列車・行先方向幕が特別仕様に

大村駅のラストラン列車は2021年3月11日木曜日の長崎駅22時04分発の普通列車早岐行きが最終列車となります。当日は2番のりばから発車し、4両編成で運転します(キハ 200-1012・12、キハ 220-209、キハ 220-1101)。

今回ラストラン列車の特別演出が行われ、方向幕には「ありがとう」という行先表示が特別仕様になっています。ラストラン列車の車内にはこれまでの感謝を表したポスターを車両に掲示するほか、お見送りをした人には「ありがとうキハ 200 形・キハ 220 形オリジナルのポストカード」が配布されるということです。

また、ラストランの特別演出として出発駅、車内での車掌による特別放送などを実施するということです。

シーサイドライナー車両の今後 キハ200形・220形は転属へ

シーサイドライナーと言えば、青い車体が特徴の列車でその力強い走りが印象的でした。かつて発売されていたPC用ソフト「電車でGO!」でも登場していたこともあり、乗ったことが無くても名前は知っているという人もいるのではないでしょうか?

今回大村線と乗り入れ先の長崎本線および佐世保線で運行していますが、2021年3月11日をもってラストランとなります。

2021年の3月に大分地区、熊本地区、鹿児島地区に転属、引き続き久大本線、豊肥本線、三角線、指宿枕崎線に転属し活躍するということです。

※当日急な運用の都合や事故などにより、特別演出の実施ができない場合があります。

鉄道コムのブログランキングに参加しています。1日1回投票をお願い致します。
鉄道コム

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事