2021年7月4日、東海道新幹線は3日は大雨の影響で運転を見合わせ、東海道新幹線で異例のダイバートが行われるなどしましたが、4日運転の列車は通常通り、運転を再開しています。

大雨で安全が確保できないため運転見合わせだったが、安全が確保され運転再開か

運転は再開されていますが、運転を見合わせていた熱海~小田原間で徐行運転の影響と見られる遅れが若干発生しており、今後出発する列車についても遅れが発生する可能性もあります。

3日には目的地が変更となったため、豊橋行きのぞみ、三島発新大阪行きの臨時の夜行新幹線が運転されていました。

鉄道コムのブログランキングに参加しています。1日1回投票をお願い致します。
鉄道コム

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事