近鉄は2021年2月13日から「ひのとり」の運転本数を拡大すると発表しました。これにより大阪難波・近鉄名古屋発00分発の名阪特急はすべて「ひのとり」での運転を行います。

名阪特急ひのとりはダイヤ・時刻表はどう変わる?

2021年2月13日から名阪特急ひのとりはどう変わるのでしょうか?

平日と土休日でどう変わるのかまとめてみました。

平日

大阪難波・近鉄名古屋毎時00分発の名阪特急15往復のうち、新たに1往復追加とし、大阪難波発18時発、近鉄名古屋14時発が新たに増発される形となります。

また、停車駅の多いタイプの名阪特急については、2月13日から17往復すべてアーバンライナーでの運転となります。2月12日までは平日16往復、土休日14往復で運転されています。

土休日

土休日では大阪難波00分発の他、停車駅の少ない名阪特急19往復のうち4往復をひのとりで運転します。

新たにひのとりで運転されるのは大阪難波6時発、12時発、17時20分発、近鉄名古屋9時発、15時発、16時発、21時発です。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事