7月4日、しなの鉄道の新型車両SR1系が運行を開始しました。それに伴い記念品の発売も行われます。

一部テーブル付きクロスシートも

SR1系の座席は、首都圏私鉄の有料列車などに採用されているデュアルシートになっています。普通列車運用ではロングシート、有料快速列車運用ではクロスシートといった使い分けができます。また一部座席ではクロスシート固定で大きなテーブルも付いています。こちらは普通列車でも利用できます。

その他コンセントや多目的トイレなど、設計が半世紀近く離れている115系からは飛躍的に進歩しています。

しなの鉄道より

また運用変更で軽く騒ぎになったJR東海のN700Sとは違い、運用は固定になっています。遠方から乗りに行くのも予め計画が立てられていいですね。

しなの鉄道より

SR1系運行開始を記念して記念入場券やグッズが発売されます。記念乗車券は軽井沢・小諸・上田・戸倉・豊野駅で、グッズは軽井沢駅構内の「木の子リスキッズステーション」でそれぞれ発売されます。ネットではなく現地販売なのは意外ですね。

https://japan-railway.com/entry/2020/07/03/180321
鉄道コムのブログランキングに参加しています。1日1回投票をお願い致します。
鉄道コム

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事