2月19日、しなの鉄道軽井沢駅に保存されていたクモハ169-6が陸送されました。解体のためと思われます。

しな鉄クモハ169-6が撤去される

設置位置を移動されクーラーを撤去されたと話題になっていたしなの鉄道軽井沢駅のクモハ169-6ですが、トレーラーにて搬出されました。

同車両はキッズスペースとして保存されてきましたが、新型コロナウイルス感染症の影響で閉鎖となっていました。いつしか場所を移動され、クーラーが撤去されたことから、解体される可能性が高まりました。

搬出に伴い、一時期同車両の周辺にある駐車スペースは封鎖されていました。先日は種別表示機などの一部部品が撤去され、ついに搬出となりました。積雪の影響で搬出は1日遅れとなりました。

今のところ搬出先は不明で、解体と断定することはできませんが、多くの部品が撤去されていることを考えると、保存される可能性は低いのではないでしょうか。

名車として保存されても安泰ではないことがわかりました。今後空いてしまったスペースがどうなるのか注目されます。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事