2021年3月のダイヤ改正で、特急南風から撤退する四国2000系を高知~琴平~高知で運転すると発表しました。これまで新型車両2700系を投入してきたため、南風2000系の活躍の場は減少し、運用ももうすぐ終了となります。

四国2000系車両は大きく車体が傾斜する車両で、これは元々土讃線を含め、急カーブだらけの路線を高速走行するための仕組みで、これにより大幅に所要時間を短縮することを実現してきました。

南風としての2000系ラストラン前にワープ高知から貸し切り運行の旅行商品が発売となります。

南風2000系を高知~琴平~高知で運転

今回の旅行商品はGOTOトラベル事業支援対象商品となり、旅行商品から35%割引、地域共通クーポン15%の特典を受けることができます。ただし、GOTO事業対象外の都道府県が設定された場合はGOTO支援対象外となります。

旅行商品では四国2000系車両で運転、高知駅発着で琴平まで行き金比羅山の初詣を行って帰ってくるルートです。

ワープ高知オリジナル列車カレンダーもプレゼントされ、ワープ高知・ワープ新居浜の鉄道旅が好きな添乗員が同行するということです。

今回は完全貸し切り運転で、普段運転されない特別ダイヤで運転されます。土讃線の急カーブを猛スピードで駆け抜けていく風景を楽しむことができます。

車内でお弁当が配布されるほか、乗車記念品・お土産も進呈されるということです。日程は2021年1月23日運行です。

南風2000系貸し切り運転 時刻表

2021年1月23日の貸し切り運転のダイヤは次の通りです。

高知駅8時20分、後免8時40分、土佐山田8時55分、琴平11時30分着、折り返し時間までは自由行動となります。

琴平15時05分発、土佐山田17時05分、後免17時10分、高知17時30分着です。

旅行商品は普通車利用とグリーン車利用のプランが発売されます。

2020年12月22日現在、グリーン車プランが残りわずかとなっているため、予約したい方はお早めに。

予約したい方は下記のリンクからどうぞ。

鉄道コムのブログランキングに参加しています。1日1回投票をお願い致します。
鉄道コム

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事