今回は「知って得する鉄道ワード」ということで標準乗り換え時間を紹介していきたいと思います。標準乗り換え時間とはどういったものでしょうか?

知って得する鉄道ワード 標準乗り換え時間とは?

がみさん(がみ2チャンネル)提供:東海道新幹線のイメージ

標準乗り換え時間とはかつての国鉄、現在のJRが定めている乗り換え時間の目安のことです。例えば東京駅で東海道新幹線から東海道線までの標準乗り換え時間は10分と定められています。しかし、実際には急げば4分もあれば乗りかえをすることができますし、走らずとも普通の人であれば10分より少ない時間で乗り換えることができます。

「別に乗り換え時間なんて乗り換えアプリで分かるし、標準乗り換え時間なんていらないのでは?」という方もいると思います。しかし、標準乗り換え時間が設定されているのは意味があります。では、どういった意味があるでしょうか?

次のページ:標準乗り換え時間は列車が遅れた際に意味を発揮する

(「次のページへ」から記事を読み進めることができます)

鉄道コムのブログランキングに参加しています。1日1回投票をお願い致します。
鉄道コム

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事