博多~大分・佐伯間で運転されている特急ソニック。今回は特急ソニックのグリーン車に乗ってきました。今回は最前列を指定して前面展望・後面展望を味わってきました。今回はその様子をまとめましたので、九州に旅行に行った時には参考にしていただけると幸いです。

特急ソニックのグリーン車に乗車 前面展望と後面展望を味わおう

特急ソニックは1号車にあります。通常他の列車だと前面展望・後面展望のどちらかしか味わえないケースもあります。しかしながら、特急ソニックは鹿児島本線と日豊本線の分岐駅である小倉駅で進行方向が変わるので、前面展望・後面展望どちらも楽しめるのがこの列車の特徴です。

座席の配列は2+1の配列になっていてJR東日本などの4列グリーン車とは異なり、2人で使うにも1人で使うにも適した座席となっています。

特急ソニックには電動リクライニング、コンセント、フットレストが完備

特急ソニックには電動リクライニングがついています。ボタンを操作すると背もたれが動きます。ただし、かなり年季が入っているのか動作がゆっくりなのと「ウイーン」と音を立ててリクライニングする形です。

フットレストは東海道新幹線と同じように広げない状態では土足、広げた状態では靴を脱いで利用する形になります。1番B席・C席のみクッション状のフットレストの代わりのものが設置されています。

コンセントは窓際のみ設置がされていてコンセントを回転させながら接続します。

特急ソニックに乗るなら座席は1番B席・1番C席がおすすめ グリーン車にはパノラマキャビンがある 謎の冷蔵庫がなぜか設置

特急ソニックに乗るなら1番B席と1番C席がおすすめです。運転席のすぐ後ろの座席のため座席に座りながらでも楽しむことができます。残念ながら1番A席は前に壁があるので見えなかったと思います。

特急ソニックのグリーン車にはパノラマキャビンがあり、これはグリーン車のみにある設備となっています。ここの椅子に座ってくつろぐこともできますし、運転席のすぐ後ろで前面展望・後面展望を楽しむこともできます。

特急ソニックのパノラマキャビンには冷蔵庫の設置がありましたが、特に稼働している様子はなく、かつて行われていたグリーン車サービスのために使っていたと思われる設備です。

特急ソニックのグリーン車に半額で乗る方法

JR九州のネット予約を使うと特急ソニックのグリーン車に半額以下で乗ることができます。3日前の予約が特におすすめですね。是非半額以下でグリーン車に乗ってみてはいかがでしょうか?

鉄道コムのブログランキングに参加しています。1日1回投票をお願い致します。
鉄道コム

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事