2020年7月8日に発生したJR大和路線高井田~加美間の間で柏原庁舎の足場が崩れ影響で、8日は終日運転見合わせました。

また、この影響で運転を再開したおおさか東線についても本数を大幅に減らしての運転となっていて、おおさか東線・JR大和路線で振り替え輸送が行われています。

9日も王寺~JR難波間は始発から運転見合わせも6時15分に運転再開 本数を減らして運転

8日の22時に運転再開を目指していましたが、復旧が間に合わず、8日は終日運転見合わせとなりました。しかし、復旧作業が終了したため、9日の6時04分ごろ作業が終了し運転を再開しました。

なお、通常の8割程度の本数での運転となり、9日6時半現在振り替え輸送は継続しています。

おおさか東線は7時台から7割程度の本数で運転、王寺~加茂間は通常通り運転をしています。

JR大和路線・おおさか東線の振り替え輸送範囲

JR大和路線・おおさか東線については9日にも振り替え輸送が実施されると思われます。振り替え輸送を利用する際には上記の地図を参照してください。

鉄道コムのブログランキングに参加しています。1日1回投票をお願い致します。
鉄道コム

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事