2月6日、中央線では人身事故の影響で大月行最終電車の到着が2時25分となってしまいました。

終電が人身事故に巻き込まれ70分遅れに

0時20頃に中央線高尾~西八王子間で人身事故が発生しました。その影響で、上りの快速武蔵小金井行最終と、下りの普通大月行最終電車と後続の高尾行など5本の計7本が一時運転を見合わせました。

当該はE233系T21編成で、下り電車の高尾行でした。1時40分過ぎに運転を再開しましたが、最大約70分の遅れが発生し、大月到着は2時25分頃になりました。

乗客からは不満の声があがり、ネット上では「大月夜行」「ムーンライト大月」と言われています。

鉄道コムのブログランキングに参加しています。1日1回投票をお願い致します。
鉄道コム

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事