秋田総合車両センターで改造を終えたE257系2500番台オオNC-33編成の姿が目撃されています。

リーゼント姿のE257系

2020年9月3日に秋田総合車両センターに入場したE257系500番台マリNB-13編成ですが、転属改造により先頭車がE257系2500番台オオNC-33編成として姿を見せました。

同形式としては3本目にあたり、他の編成の改造が終わり現地での試運転後に首都圏に配給される見込みです。雪が被っており「リーゼントの不良みたい」と言われています。

同形式は全部で4編成になる予定でNC-31,32編成は出場済みです。NB-14編成が2020年11月25日に秋田総合車両センターに入場しており、現在改造中でNC-34編成になります。3月13日から営業運転に投入されます。

鉄道コムのブログランキングに参加しています。1日1回投票をお願い致します。
鉄道コム

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事