東武鉄道はSL大樹に使用する蒸気機関車について、元々真岡鐡道で使用していたC11-325号機を2020年7月30日に譲り受けると発表しました。東武鉄道は「SLの譲受に合わせDLと客車の体制も整え2機体制を確保し、乗車機会をさらに提供します」と発表しています。

【2020年12月から運行】C11-207号機が検査中でも運行が可能となるため、今後は年間を通しての運行が可能に

東武鉄道は「C11-325号機は、2020年12月の営業運転開始を予定しており、複数機体制を整えることで、現在鬼怒川線で運行しているC11-207号機が検査などにより長期間運行できない場合でも、年間を通してSL運行が可能になるほか、他線区でのイベント運転等の検討も可能になります。

また、C11 -325号機の導入に合わせ、JR東日本より譲受したディーゼル機関車(DE10-1109)と、JR北海道より譲受した14系客車1両(スハフ14-501)を運用開始することで、2編成での運転が可能となり、土休日を中心に最大4往復8本(現在新型コロナウイルス感染拡大防止の観点で2往復4本のみ運転)全てSLでの運転も可能となります。(今後の運転計画については、決まり次第別途お知らせいたします)

なお、日本鉄道保存協会から譲受し、2020年冬の復元を目指していた蒸気機関車については、修繕や新規に
部品を作製する箇所が想定よりも多いことに加え、新型コロナウイルスの影響により復元工程が遅れていることから、完成目途を2021年冬に延期します。」とのコメントを発表しています。

2020年は9月末まで毎週土休日にSL大樹の運転を行い、その後の運転は現在のところ発表されておらず、DL大樹も運休している状況が続いています。

9月には「急行はまなす」に連結されていたドリームカーの連結も予定されています。今後どのような展開になるのか注目されます。

鉄道コムのブログランキングに参加しています。1日1回投票をお願い致します。
鉄道コム

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事