東京メトロは2020年 12月31日から2021年1月1日にかけて東京メトロ全線で終夜運転を実施します。

ただし、銀座線丸ノ内線については例年よりも運転本数を減らして運転します。

また千代田線では北千住から小田急江ノ島線片瀬江ノ島まで直通する臨時特急「ロマンスカーメトロニューイヤー号」を運転します。

今後の新型コロナウイルスの感染拡大の状況によっては終夜運転を中止する場合があるという注意書きも発表されました。

東京メトロ全線で終夜運転実施へ

終夜運転の運転間隔は次の通りです。銀座線浅草~上野までは運転間隔を10分間隔、上野から渋谷の間は30分間隔となっております。例年より運転本数が減っているので注意が必要です。

丸ノ内線池袋~荻窪は約30分間隔、中野坂上~方南町も30分間隔での運転です。

日比谷線は北千住から中目黒の間で約30分間隔で運転をします。また東武線とは直通運転は行われないということです。

東西線中野~西船橋で約30分間隔で運転をします。ただし JR線、東葉高速鉄道とは直通運転は行いません。

千代田線は綾瀬から代々木上原までは約30分間隔での運転です。北綾瀬から綾瀬の間も約30分間隔で運転されます。また一部列車はJR線と直通運転を行いますが、小田急線と直通運転を行いません。

有楽町線は和光市から新木場の間で約30分間隔で運転となります。ただし西武線と東武線との直通運転は行いません。

副都心線小竹向原~渋谷間は約30分間隔で運転されます。 西武線東武線東急線みなとみらい線の直通運転は行いません。

半蔵門線は渋谷と押上の間で30分間隔で運転されます。東武線東急線との直通運転は行いません。
南北線目黒赤羽岩淵間は約30分間隔で運転を行います。埼玉高速線とは直線点を行いますが、東急線とは直通運転を行いませんのでご注意ください。

また年末年始のダイヤは2020年12月30日から2021年1月3日までの五日間は東京メトロ全線で土休日ダイヤでの運転となります。

小田急直通の臨時特急「ロマンスカーメトロニューイヤー号」運転

また、2021年1月1日には小田急線ロマンスカーメトロニューイヤー号が運転されます。

始発は北千住駅で3時55分に発車します。

途中大手町4時11分、霞ヶ関4時16分、表参道4時24分、成城学園前4時38分、新百合ヶ丘4時47分、町田4時56分、相模大野5時ちょうど、大和5時7分、藤沢5時19分、終点の片瀬江ノ島には5時32分の到着です。

特急料金は北千住・大手町・霞ヶ関・表参道で乗車した場合、特急料金は840円です。

成城学園前から乗車した場合は570円、 新百合ヶ丘520円、 町田420円、相模大野・大和・藤沢から乗車した場合は特急料金は310円です。

小田急ロマンスカーメトロニューイヤー号は2020年12月1日10時から予約販売を開始します。発売箇所は小田急線各駅ロマンスカークラブという ネット予約システム、小田急トラベルの各営業所、東京メトロ内のロマンスカー停車駅の特急券売機です。

ただし、東京メトロ線内では特急券の予約の取り扱いができないのでご注意ください。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事