2021年3月24日、長らく東海道線特急「踊り子」として活躍してきたA3編成が長野に廃車回送が行われました。

特急踊り子号としての運用が終了してから約2週間から経過しておらず、かなり早い段階での廃車回送となりました。

廃車回送の様子

今回の廃車回送は本来であれば東大宮を14時前に出発するダイヤでしたが、けん引機のEF64-1031号機側に車両故障が発生し、遅延が発生していました。車両故障が解消した後15時35分に東大宮車両センターを出発。

廃車回送のスジは配9642レ・配9443レと思われ、新秋津・立川・八王子を経由して長野総合車両センターに廃車配給されるものと思われます。

鉄道コムのブログランキングに参加しています。1日1回投票をお願い致します。
鉄道コム

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事