2021年4月1日、両毛線で「黄色い電車」が運転を開始しました。塗装の変更がされているのは211系A28編成です。

黄色い211系 運転の様子

今回運転されている黄色い電車ですが、両毛線沿線活性化を目指すプロジェクトの一環として塗装変更が実施されたということです。

黄色は両毛線のラインカラー、緑色は沿線の山々をイメージしたものとなっています。

運行初日は高崎10時37分発小山行き443Mに入りました。

また、JR東日本では「出会う確率は3%」という広告も出しており、出会ったらラッキーかもしれませんね。内装も通常の211系と違うものが使用されています。

鉄道コムのブログランキングに参加しています。1日1回投票をお願い致します。
鉄道コム

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事