12月16日から一部区間で新快速として521系2両が代走に入っています。

新快速が521系2両で運転

JR西日本では雪の影響を最小限にするため、他の区間に遅れを持ち込まないよう一部列車で行き先を変更して運転しています。

そのため16日から敦賀〜米原では敦賀運転センター所属の521系2両が新快速の代走をしています。同区間は種別は新快速ですが各駅停車で運転されています。

同系列は主に北陸本線で運用されており2両ワンマンということで輸送力にはかなり不安がありますが、種別表示は新快速に対応をしています。代走時には車掌が乗務していますがドア扱いは運転士が行っています。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事