11月27日、E956形S13編成(ALFA-X)が初めて仙台~那須塩原を走行し、那須塩原駅に入線しました。

ALFA-Xがついに関東に

新幹線の高速運転化に向けて試験に使われているALFA-Xですが、デビューから約1年半を経て仙台以南を初走行しました。

今まで試験は基本的に週末に仙台から新青森を1,2往復するだけでしたが、今回は仙台以南の仙台から那須塩原を初めて走行し、那須塩原駅に入線しました。

東京駅に入線することももしかしたら近いかもしれませんね。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事