JR西日本は京阪神地区から四国までの往復とJR四国の指定エリアが3日間乗り放題となる「四国くるりきっぷ」を発売すると発表しました。

四国くるりきっぷとは?

JR西日本「四国くるりきっぷ」発売 京阪神地区から四国がお得に

四国くるりきっぷはJR西日本の京阪神地区(京都・大阪・神戸市内発着)から四国各地へ行くことができ、四国でも3日間乗り放題となる切符となっています。指定のフリー区間内では普通列車・快速列車特急列車自由席のほか、JRバスの一部路線に乗車することができます。

発売額・値段

発売額は京都市内区間~四国で1万8000円、大阪市内発着1万7000円、神戸市内発着1万6000円となっています。単純往復で、高知・松山に行く場合は往復だけで元を取ることが可能です。ただし、高松・徳島などは往復だけでは元が取れないため、3日間のうち他のところへおでかけする必要があります。

このほか、岡山発着も設定されており、9500円で発売されます。また、こどもは半額の設定となります。

発売期間・利用期間

発売期間は2021年9月1日(水)~12月26日(日)までで1カ月前10時から3日前の23時30分まで発売されます。2021年12月29日(水)利用分まで発売となります。

利用期間は2021年10月1日(金)~12月31日(金)までの連続する3日間となります。

発売はe5489で発売となります。

駅レンタカー特典

今回Sクラス24時間のレンタカーが8250円のところ2000円となり、特別料金でレンタカーを借りることができます。

営業所は高松・琴平・丸亀・坂出・宇多津・観音寺・徳島・阿南・松山・宇和島・新居浜・今治・八幡浜・伊予三島・高知・中村・須崎・安芸駅があります。ただし、一部乗り捨てができない営業所がありますので、ご注意ください。

期間限定での発売になりますが、四国に行く際には使ってみてもいいかもしれませんね。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事