JR東日本は、「モバイル Suica」サービスについて、2021年3月21日にリニューアルを実施することを発表しました。

準備のためリニューアル時にサービスを一時停止します。

リニューアルの内容

あの時代遅れなUIがリニューアル

「モバイル Suica」といえば、2006年のガラケー時代から始まったサービスで、主に「おサイフケータイ」を通してサービスを提供していました。

今回Apple Pay版などを通して今後の利便性をさらに向上させるためAndroid版を中心リニューアルを行います。

「スマホ仕様」の新しいアプリ提供

現状の「時代遅れUI」と言われている、ガラケー向け仕様のままのアプリからスマートフォン仕様に変更し新しく提供します。

 

リニューアル項目
複数枚の Suica 発行 Android新規対応(iOS対応済)
定期券購入時の
経路表示改善
新規対応
タッチで GO!
新幹線の
利用開始登録
新規対応
Google Payによる決済 Android新規対応(iOSは非対応)
異なる OS の端末へSuica 移行 iOS新規対応(Androidは対応済)
お知らせ機能
(プッシュ・バナー通知)
新規対応

連携

「おサイフケータイアプリ」と連携することで、以下のサービス・機能が提供可能になります。

 

  • モバイルSuicaとモバイルPASMOを同端末で使い分け
  • モバイルSuicaの 設定した端末変更がおサイフケータイアプリで可能
  • Apple Pay版モバイルSuicaからAndroid端末へ変更が可能

サービスの一時停止

リニューアルのサービス実装のため、以下の要領でサービスの停止を行います。

 

メンテナンス
実施時間 2021 年 3 月 20 日(土)午前 11 時頃 ~
2021 年 3 月 21 日(日)午前 7 時頃
入金・チケット購入等 チャージ・購入済み、アプリ以外のチャージ利用可能
アプリチャージ、定期等新規購入は不可
各種手続き 機種変更、再発行、退会等会員メニューの手続きは不可
連携サービス 連携済みサービスは利用可能
ビュー特約やネットショッピング等の利用は不可

この記事を書いた人

豊浜 こよね

サイトメンテナンス担当

プレスリリース、お得な情報、旅の記録系記事の執筆をしています。
素敵な旅の情報を皆様へお届けしたいです♪

     

この人が書いた他の記事

執筆記事一覧こちら

 
鉄道コムのブログランキングに参加しています。1日1回投票をお願い致します。
鉄道コム

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事