近鉄は2021年4月10日から近鉄12200系NS39編成・NS51編成に「ありがとう12200系」特急ヘッドマークの掲出を開始しました。このヘッドマークの掲出についてはこの日が初めてとなりました。

「ありがとう12200系」特急ヘッドマーク初掲出 運転の様子

今回初めて「ありがとう12200系」特急ヘッドマークを掲出した12200系特急車両は、4月の土日に4日間のみ運転される臨時特急として運転されました。

スナックカーの引退自体は謎に包まれており、一部編成はあおぞら化したスナックカー「通称:スナぞら」として天理臨などに定期的に使用されている編成もあり、引退するのはまだ先で数年間は団体臨時列車に使用される可能性も出てきました。

また、12200系NS56編成は定期運用離脱後に廃車になると見られていましたが、なんと4月2日に全般検査を受けて「奇跡の復活」。一体いつまで使うのでしょうか?これには定期運用離脱時に「NS56編成を返してくれ」と言っていた近鉄ファンの方もびっくりする結果となりました。

今回ありがとう12200系のヘッドマークが掲出されましたが、これについては近鉄から事前に発表がなく、今後ヘッドマークやそれに関連した発表があるかもしれません。今後のスナックカーにも注目です。

近鉄12200系スナックカー 関連記事まとめ

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事