2022年3月11日をもってラストランとなる特急おおぞらに使用されるキハ283系。

そんな列車の「転売ヤー」が現れたと話題になっています。

転売ヤーの正体は「クラブツーリズム鉄道部」

なんと今回の転売ヤーの正体はあの「クラブツーリズム鉄道部」です。一般への発売はまだですが、旅行会社の団体枠として、先行してラストランの座席を買い占めた形。

旅行業の登録を得ているので、犯罪ではないですが、やっていることは「転売ヤー」そのものです。

しかも同社の有料会員に優遇して先行発売するなど、定期列車でやりたい放題です。

付加価値のない「ツアー」という名の転売 1万円をせしめる目論見 なぜ批判・炎上?!

また、今回の「ツアー」とは名ばかりの転売ですが、批判されている理由として、団体列車を企画した訳ではなく、ラストラン・定期最終列車を旅行会社の立場で買い占めたという点。

さらに「ツアー」としての付加価値はなく、仕入れて、ただ1万円上乗せして「事実上転売」している点。

この2点が炎上・批判されている理由となっています。

過去に同様の事案として、185系踊り子号でも同様の転売行為が見られており、もはやクラブツーリズムのお家芸となっています。

しかも、キハ283系ツアーにもかかわらず車両が変更となる可能性があると記載されているから驚きです。変更された場合にも返金等はない模様です。

車両運用の都合により283系から変更となる場合がございますと記載されています。

これには「あくどい商売」と批判が殺到、炎上

これには鉄道ファンも即座に反応。

おいおい、これはないだろ
稼ぎたいなら自分達で貸切やってくれ
定期枠ではやらないでくれ
頼むから85ラストランでやるなよ…

往復で1万くらいボッタクってるの、商売って感じ

こういう最終日にこういうことしてくると、単に座席席枠潰しだよね?増結?な訳ないでしょ。釧路から来る4号だし多分7両でしょ精々。しかも往復30000円で行って帰ってくるだけ。悪どい商売だよね。

今後、反応を見て「ツアー中止」とするのか、「旅行会社としてのプライドがあるのか」クラブツーリズムのモラルが問われます。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事