特急踊り子号に特急券持たずに乗車! 伊豆箱根鉄道で2021年春に引退の185系に乗る

今回は引退間近の185系に特急券を持たずに乗車してきました!

特急踊り子号を特急券なしで乗れる区間は伊豆箱根鉄道だけ!

JR線内での特急列車は通常特急券が必要ですが、伊豆箱根鉄道には特急料金が設定されていません。そのため、案内上はは特急列車ですが特急料金がかからないためどちらかといえば快速列車に近い列車になっています。

鉄橋を渡るときには警笛を聞いたり、カーブが多いのでジョイント音も楽しめます。

特急踊り子の無料で乗車できる区間

区間は静岡県の三島駅から修善寺駅までの伊豆箱根鉄道線の区間です。

JR線内では特急料金がかかるため、東京駅からは青春18きっぷを使って普通電車で三島まで来ることをお勧めします。また、SuicaなどのICカードで東京からの運賃は支払うことができないので、紙の切符を使いましょう。

乗車の時の注意点

あくまで料金が不要なのは伊豆箱根鉄道線内の話であってJR線内では特急券が必要となります。また、東京から三島駅まで青春18きっぷを使ってくる場合には伊豆箱根鉄道線内の運賃が別途必要となります。三島から修善寺まで往復する場合は伊豆箱根鉄道のフリー切符がおすすめです。(旅助けというフリー切符:料金は1040円。支払いは現金のみ。)

伊豆箱根鉄道は乗る以外にも楽しみがある!

実は伊豆箱根鉄道は乗るだけが楽しみではないのです。それは終点の修善寺駅にありました。なんと伊豆箱根鉄道の制服です!帽子も男性用と女性用で用意されています。

このように、まるで駅員になったような気分を味わえます。

その他にも個人的に気に入った点は修善寺駅では社員の方があいさつしてくれたり、改札口での対応も丁寧だと感じました。また、改札外の駅のトイレもきれいに整備されていました。

伊豆箱根鉄道はまた来たいと思えるそんな鉄道だと私は思います。

また、普通電車も昔の西武線の車両だったり、ラブライブのラッピング電車もあるので、おすすめです。帰りは普通電車に乗ってみるのもいいかもしれませんね。

※10月10日にラブライブのラッピング電車は2020年3月で終了します。

ラブライブ好きな人は三島駅であのシーンを取りに行こう

比較画像は載せられませんが、ラブライブのあのシーンも三島駅で撮ることができます。また、ラブライブの缶バッジとフリー切符にラブライブがデザインされているものも用意されているので、ぜひそちらも買ってみよう。

何か記事でご不明な点があればコメント欄でお知らせください。

関連記事

11日午後から遅延の可能性も・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です