ツイッター上で阪神電車の公式が33-4についてツイートしているとTwitter上で話題となっています。一体なぜこのタイミングでツイートしたのでしょうか?

阪神電車公式が33-4についてツイート理由とは?

今回33-4について阪神電車公式がツイートしていることに対して約5000RTなど、多くの人が反応しています。一体なぜ、阪神電車公式が33-4についてツイートしたのでしょうか?

実は今日2021年3月4日は令和3年の3月4日、つまり「33-4の日」ということでツイートをされています。まさか、阪神電車公式がこの話題に触れるとは驚きですよね。

そもそも33-4って何? 2005年のネタなのにみんな知っている理由とは?

33-4の元ネタについて知らない人も中にはいると思うので、解説したいと思います。時代は2005年まで遡ります。この年のクライマックスシリーズはパリーグは千葉ロッテマリーンズ、セリーグは阪神タイガースが勝ち抜いて戦いました。

しかし、対戦成績があまりにもひどく、4戦合計で33-4となったことかきっかけです。これまで、阪神タイガースファンにとっては「トラウマ」ともいえる数字で、その当時からニコニコ動画など阪神に関係ない動画や掲示板で33-4とコメントすると阪神ファンから「なんでや!阪神関係ないやろ!(略して:な阪関無)」と突っ込まれるというのが定番となっていました。

これが例えば車のナンバーとか、マックの呼び出し番号とか、レシートの金額、電車の発車時刻が334の並びだった時にツイートをすると恐らく、「33-4」「なんでや!阪神関係ないやろ!」とツッコミをされるに違いありません。

話は戻しますが、阪神電車公式がこの「阪神タイガースファンのトラウマ」ともいえる33-4について言及したことについては歴史的なことでしょう。また、元号が変わったら阪神電車公式がツイートするかもしれませんね。

新型コロナウイルス感染拡大で外出自粛で気分が落ち込んでいる中、阪神電車公式が笑わせてくれたので元気をもらった人も多いのではないでしょうか?

鉄道コムのブログランキングに参加しています。1日1回投票をお願い致します。
鉄道コム

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事