スポンサーリンク

JR東日本は通常新潟県で運行されている「越乃Shu*Kura」で使用している車両を「あおもり Shu*Kura」として青森~大湊間で1日限りで特別運行を行うと発表しました。

「あおもり Shu*Kura」なぜ運転?

JR東日本盛岡支社では、2021年4月1日から始まる東北DC(ディスティネーションキャンペーン)特別企画として、今回ビュートラベルサービス、青い森鉄道株式会社と連携し、新潟エリアを中心に運行している「越乃 Shu*Kura」を4月17んち限定の団体臨時列車として、青森県内で初めて運転となり、旅行商品「あおもりShu*Kura で行く青森・下北の旅」として発売します。

お酒がコンセプトの列車として地元の青森のお酒とおつまみを用意され、津軽三味線の生演奏もされるということです。

運転時刻・運転日・停車駅・時刻表・発売期間・車両形式

運行日は2021年4月17日㈯で1往復のみ運転されます。

運行区間は青森~大湊駅です。

時刻表は4月17日は青森10時32分発~浅虫温泉10時48分着・10時52分発、野辺地11時22分着・11時40分発、下北12時40分着、12時40分発、大湊12時45分着。

大湊15時58分発~下北16時02分着16時03分発~野辺地16時58分着17時20分発~浅虫温泉17時43分着~青森18時06分着。

車両形式はディーゼル気動車キハ40・48形 越乃 Shu*Kura3両編成です。

今回は旅行商品専用列車となります。日帰りコースを用意されています。販売はweb予約のみです。

発売日は2021年2月17日14時から発売開始です。

旅行代金は青森駅→大湊駅は1名様8500円、大湊駅→青森駅7200円で、募集人数は50名で最低催行人数は40名※添乗員ありです。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事