今回は新型コロナウイルスの影響で需要が減少したため、お得に利用できる東海道新幹線半額きっぷについて「どれが一番お得なのか?」ということをまとめていきたいと思います。

2020年10月1日からはGOTOトラベルキャンペーンが関西発東京方面着についても適用となるため、旅行商品についても発売が拡大されています。

一般の方としては「どれを使ったらいいの?」「商品が多すぎて分からない」という人も多いと思うのでできるだけ分かりやすくまとめてみました。

【東海道新幹線が2000円~5000円割引・GOTO対象外】「ぷらっとのぞみ」「ぷらっとこだま」まとめ 2月以降の利用がおすすめ

まず最初に紹介するのは「きっぷ」だけのタイプの東海道新幹線の割引切符です。GOTOトラベルではきっぷのみの場合は対象としないとしているので、ここで紹介する切符はGOTO対象となりません。

例えば東海道新幹線の普通車指定席を東京~新大阪間で乗車する場合の定価は1万4720円です。今回紹介する「ぷらっとのぞみ」では1万2700円となるので約2000円割引になります。

正直普通車指定席を利用するだけではそこまでお得感はありませんが、目玉となるのはグリーン車へのアップグレードです。

追加料金を1500円支払うことによってグリーン車へのアップグレードをすることができます。普通車指定席に乗るくらいならグリーン車のほうがいいでしょう。

ちなみにのぞみグリーン車に乗車した場合の定価は1万9590円ですが、「ぷらっとのぞみ」では1万4700円となり約5000円近く割引となるのでお得になっています。

ただ、後で紹介する「東海道新幹線半額きっぷ・旅行商品」に比べるとお得感は薄いので、GOTOトラベルが終了した後の2020年2月1日以降の利用がおすすめです。

「ぷらっとのぞみ」は購入期限が3日前の23:30分までとなっているので注意が必要です。若干安くなる「ぷらっとこだま」は前日の17時まで購入することができます。

【GOTO+地域共通クーポンで東海道新幹線が半額以下に】前日17時まで予約可能「新幹線ダイレクトパック」! お得な旅行商品「ひさびさ旅割引」

先ほどは「ぷらっとのぞみ」「ぷらっとこだま」を紹介しましたが、それよりも安い旅行商品が発売されています。

旅行商品は新幹線+宿付きになったもので、2種類あり「ひさびさ旅割引」「新幹線ダイレクトパック」が発売されています。

東海道新幹線の半額きっぷをチェックしていた人は「新幹線ダイレクトパックはGOTO対象外では?」と思う人がいるかもしれません。確かに2020年9月30日出発分については対象外となっていました。

しかしながら、2020年10月1日からはなんと「GOTOトラベル対象+地域共通クーポン付与」となったわけなんですね。これはかなり嬉しいと思う人も多いのではないでしょうか?

これにより、これまではGOTOを適用させるためには約1週間~2週間前に予約しないと半額きっぷとなるものは発売されていませんでしたが、「新幹線ダイレクトパック」がGOTOトラベル対象となったことで、前日17時までの発売に拡大されました。

前日17時までの発売なら急に予定が決まってしまった人でも安心ですね。

「新幹線ダイレクトパック」と「ひさびさ旅割引」はどう違うの?

ここで「新幹線ダイレクトパック」と「ひさびさ旅割引」について疑問を持った人も多いと思います。違いは何でしょうか?

予約方法・購入期限、その他の制約についてまとめてみました。

新幹線ダイレクトパック
  • 予約方法:インターネットのみ
  • 購入期限:前日17時まで
  • 受け取り方法:自分で駅の券売機で受け取る
  • 新幹線の条件:「列車限定新幹線」※乗り遅れたら新幹線のきっぷは買いなおしになる
  • グリーン車へのアップグレード:可能
  • メリット:前日17時まで予約できる
  • 欠点:高級ホテルのセレクトがあまりない(一部東京ステーションホテルなど例外あり)

ひさびさ旅割引
  • 予約方法:インターネットのみ
  • 購入期限:1週間前~2週間前(10日前の購入が多い)
  • 受け取り方法:自宅まで郵送・JR東海ツアーズの店舗で受け取り
  • 新幹線の条件:「列車限定新幹線」か「通常のきっぷ」か選べる(通常のきっぷは追加料金が別途必要なのでお得感が薄れる)
  • グリーン車へのアップグレード:可能
  • メリット:「フォーシーズンズ京都」など関西方面の旅行で高級ホテルプランがある(中にはクラブラウンジ付きプランも)
  • デメリット:購入期限が10日前くらい・東京方面で高級ホテルの設定がほとんどない

「新幹線ダイレクトパック」と「ひさびさ旅割引」について簡単にまとめてみましたがいかがでしょうか?

旅行が急に決まってしまって、宿は安くてビジホでもいいという人は「新幹線ダイレクトパック」

旅行にまだ日程があって関西方面で高級ホテルに宿泊したいという人は「ひさびさ旅割引」

ビジホに泊まるか、高級ホテルに泊まるかは人によって価値観が違うと思いますので、それぞれに合った旅行商品を選択してみてはいかがでしょうか?

また、「ひさびさ旅割引」を実際に利用した時のきっぷの写真を掲載していますが、京都で観光がしたい場合は途中駅を選択することで、「東京→京都新幹線のぞみ」「京都→大阪は新快速」というルートも選ぶことができますので、そちらも併せてご検討ください。

関西発横浜・東京方面着のプランも設定あり 「ヨコハマグランドインターコンチ」「東京ステーションホテル」のプランも

 

関西発横浜・東京方面の宿泊プランについても東京除外が2020年10月1日から解除になったことから、旅行商品の設定が始まりました。

ビジホについてはかなりの数があるので紹介は省略しますが、横浜に行きたい方は「ヨコハマグランドインターコンチ」、東京に行きたい方は「東京ステーションホテル」を代表とする高級ホテルの設定がされています。

ぜひ高級ホテルに宿泊したいという方は検討してみてはいかがでしょうか?

新幹線+宿付きでも旅行代金6万 GOTOトラベルが引かれるのは決済後なので思ったよりもかなり安く

先ほどのヨコハマグランドインターコンチの旅行代金を見て「6万円はちょっと高いな」と思った人もいるでしょう。

しかし、JR東海ツアーズで出ている価格はあくまでも「GOTOトラベル割引前」の金額となります。

今回筆者も「ひさびさ旅割引」を使用し、2名で旅行に行きましたが「旅行代金8万は高いな」と思ったのが正直な感想です。

ですが、そこからGOTOトラベルによる割引が2万8000円引かれたため、実際の請求額は5万2800円で一人当たり2万6400円で「のぞみグリーン車往復」で高級ホテルに朝食付きで宿泊できるという、かなりお得な旅行をすることができました。

また、10月以前に旅行に行ったため「地域共通クーポン」が付与されませんでしたが、もし10月からの旅行であれば、1万2000円分の地域共通クーポンが付与され、さらにお得な旅行だったと思います。

ぜひ、今しかできない旅をしてみてはいかがでしょうか?

鉄道コムのブログランキングに参加しています。1日1回投票をお願い致します。
鉄道コム

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事