JR東海で名古屋~新宮・紀伊勝浦間で運行している「ワイドビュー南紀」ですが、「グリーン車だけ満席・完売」となっています。

普通車指定席には空席ありとなっているのに、一体なぜでしょうか?

【ワイドビュー南紀】グリーン車だけが完売しているのはなぜ?普通車指定席は空席あり

今回グリーン車だけが満席となる異常事態が発生しているのは2020年11月1日出発分の「ワイドビュー南紀5号」です。

JRの指定席の予約状況確認をしてみると確かに「ワイドビュー南紀5号」のグリーン車だけ満席が満席となっています。

そのほかの列車の普通車指定席は空席となっているのにも関わらず、グリーン車だけが満席となっています。

一般的に考えてグリーン車ではなく、普通車指定席に乗るはずなのに、グリーン車だけ満席となっています。

「グリーン車だけ満席」なのはきちんとした理由がありました。

「グリーン車だけ満席」の理由は?利用者が減少したという悲しい理由 

実は2020年11月1日出発分から「ワイドビュー南紀」では編成両数を4・5・6両だったものを2~6両に変更し、需要に合った輸送力で対応するという発表が、JR東海からありました。

今回の変更は「ワイドビュー南紀」を利用するお客さんが新型コロナウイルスの影響などや普段利用する人が減ったという、悲しい理由で変更が行われます。

NHKの報道によると、「ワイドビュー南紀」の昨年度までの3年間は年間の平均乗車率が30%程度に落ち込んでおり、JR東海では並行して走る自動車専用道路「紀勢自動車道」の整備が進んでいることなどが影響と考えられています。

この変更の一環として、11月1日出発のワイドビュー南紀5号の運転をもって「グリーン車が廃止となる」ということから満席になっているということなんですね。※そのほかのワイドビュー南紀は2020年10月31日をもってグリーン車連結がなくなります。

「ワイドビュー南紀」は今後も運行継続だけど 「南紀グリーン車はラストラン」 「切符コレクター」の方々が乗車か?

例えばこういった切符でも二度と手に入らないため、切符コレクターの方々は集めると思われる

一般の方からは理解できないと思いますが、鉄道ファンの中でも「切符コレクター」と呼ばれる人たちにとっては一大事ということになります。

なぜ、一大事というかと「ワイドビュー南紀でグリーン車と書かれた切符」が今後二度と手に入らない可能性があるからです。

ワイドビュー南紀が廃止になるわけではないですが、「切符コレクター」の方々からすればある意味「ラストラン」と同じ扱いと考えた方が多かったわけですね。

グリーン車が連結された「ワイドビュー南紀」のラストランに乗りたいという方々が今回のきっぷを取ったため、グリーン車だけ満席という事態が発生したと考えられます。

特にトラブルもなく平和な「ラストラン」を迎えられるといいですね。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事