和歌山線117系は2019年3月のダイヤ改正で定期運用を終了することがJR西日本の駅の案内表示板で発表されました。

すでにJR西日本からは227系1000番台による置き換えで、105系・117系の2020年春までの引退が発表されています。

和歌山線117系定期運用終了の案内

今後和歌山線で活躍する227系1000番台はどんな車両?

全車オールロングシートで車内にはIC改札機設置され、全ての扉横に入場(乗車用)用が、運転台背面と運賃箱に出場(降車)用が設置される。

IC改札機については105系・117系の置き換えが完了した2020年春からの使用を想定していることから、今回のダイヤ改正では「封印」された状態で運用を開始する予定。

また、客室内を確認できるカメラとモニターが設置されている。録画機能はついていない。

関連記事

https://japan-railway.com/entry/2019/03/12/152359
https://japan-railway.com/entry/2019/03/12/145056
https://japan-railway.com/entry/2019/03/10/162401
https://japan-railway.com/entry/2019/03/08/081141
https://japan-railway.com/entry/2019/03/08/160219
鉄道コムのブログランキングに参加しています。1日1回投票をお願い致します。
鉄道コム

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事