JR東日本では駅員にホーム上で三脚や脚立を使う迷惑撮り鉄への対応が強化されています。

駅員が危険な三脚を没収

國鐡田端 (@TABATA2680)

北千住ではカシオペア紀行の通過を撮影するため多くの人が集まっており、警察が出動していました。そんななかあろうことか三脚を使おうとした人が複数居ました。普段は口頭注意ですが、なんと駅員が三脚を没収し駅預かりとなったのです。

https://twitter.com/cwyIA2rTa7K3ZTI/status/1312299723772948481?s=19
https://twitter.com/cwyIA2rTa7K3ZTI/status/1312314626000916481?s=19

自分の三脚が取られたと名乗り出る人が現れました。三脚が取られたことでやる気が出なかったとしている一方で駅員のことを「どうなってるのまじで勝手に持ってくのは窃盗でしょ」と犯罪者呼ばわりし、捨て台詞的に「二度と撮影しない」と逆ギレをしました。

自分が迷惑をかけて駅員の手を煩わせておきながら謝罪ではなく非難をし、自分がしたことを理解していないようです。そもそも駅での三脚の使用はグレーゾーンで駅ごとにルールが定められて居ます。

人が密集している場所では常識的に三脚を広げるという発想には至らないのですが、何故使えると思ったのでしょうか。三脚が没収されてすぐには帰ってきませんが、当然安全のための処置であって制裁ではないのでちゃんと保管されています。

https://twitter.com/TABATA2680/status/1312538102754283521?s=19
https://twitter.com/TABATA2680/status/1312538573896257537?s=19

駅員が三脚を運ぶ様子を投稿していた人自身も大宮駅で脚立を使い没収されかけてしまいました。投稿者は駅では三脚や脚立の使用を禁止する放送が流れていたと認識していました。にもかかわらず三脚を使用し駅員に没収されかけて焦るとは何かのコントのようですね。

3日には静岡市清水区にあるJR興津駅の構内踏切で、三脚を立てている人がいると近隣から同駅に通報がされました。愛知県一宮市の46歳男性会社員が東京メトロの18000系甲種輸送三脚を放置し遠隔操作をしていたとのことです。

男性は清水警察署から厳重注意を受けました。また同駅には撮影のため多くの撮り鉄がいたとのことですが、JR東海によると、安全確認を行ったため上下線8本が部分運休したほか、上下線11本が最大で35分遅れ、約2130人に影響が出たとのことです。

このように三脚が原因の輸送障害が実際に起きています。今後口で言っても聞かない撮り鉄には体でわからせるしかなさそうですね。

追記:脚立を没収されかけた撮り鉄より、「三脚ではなく脚立だ」とお怒りの声を頂いたので一部訂正しました。ただどちらも迷惑になる場合があるので、みなさんも使用には十分では気をつけましょう。

https://japan-railway.com/entry/2020/10/04/080000

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事