JR東海は「N700Sオリジナルマスク」を販売すると発表しました。

マスクには「N700S」のロゴがデザインされるほか、押し洗いをすることによって5回程度繰り返し使用が可能と発表されました。

【これは欲しいかも】N700S新幹線 フィルタマスク発売

 

今回発売される「N700Sオリジナルマスク」はマスク表面にN700Sと記載されています。また側面の青いものは東海道新幹線の帯をイメージして作られていると思われます。

発売価格は一番個数少ないものから1パック5枚入り×3で3500円、1箱50枚入りが8500円です。

確かに1枚当たり約230円なので高いかもしれませんが、5回程度使えるということなので意外と通常のマスクと価格差はないかもしれません。

N700Sマスクのフィルターのメーカーは「N700S・N700A」の空調機器フィルタを製造

今回「N700Sマスク」の製造メーカーですが、なんとN700SとN700Aの空調機器を製造するメーカーということなんですよね。

ヤマシンフィルタ社について(今回の発表資料)

1956 年設立。東証一部上場。「環境・空気・健康」で社会に貢献する総合フィルタメーカー。
グループ会社では東海道新幹線で走行するN700S、N700Aの空調機器フィルタを製造。

鉄道ファン以外の方にはどうでもいいことかもしれませんが、中には「口にN700S・N700Aの空調フィルターがついてる」と感動を覚える人もいるかもしれませんね。

興味がある方は買ってみてはいかがでしょうか?

鉄道コムのブログランキングに参加しています。1日1回投票をお願い致します。
鉄道コム

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事