JR東日本は人気アニメ「エヴァンゲリオン」とタイアップした、「JR東日本 エヴァンゲリオン スタンプラリー全駅達成計画」を開催すると発表しました。また、スマホでキャラクタースタンプを集めた方の中から抽選で50名に「スタンプラリーオリジナルグッズ」が当たるということです。

エヴァスタンプラリーの開催日時・開催駅・景品

2021年1月18日10時00分~3月7日終電まで開催となります。商品の引き換えは3月8日終電までです。

参加方法ですが、スマホなどの端末によるスタンプラリーで、キャラクターのパネルQRコードを読み込むことで参加することができます。

設置駅は都区内の主要駅の他、東京モノレール天王洲アイル、土浦、上尾が入っており、全部で50駅のスタンプラリーを行う必要があります。

都区内パスだけでは全駅は回れないような配置になっています。

5駅達成かつゴール店舗で交通系ICで500円ごとの買い物につき1つ、全部で4つの缶バッジがもらえます。

25駅達成でゴール駅で25駅達成の画面を見せることで、オリジナルクリアファイルをプレゼントされます。

全50駅を達成かつ、5駅達成のオリジナル缶バッジを受け取っていれば、オリジナル鉄道時計またはJREポイント1万ポイントの抽選応募が可能になります。

エヴァンゲリオンスタンプラリー ゴール駅(景品交換駅)

景品を交換できる「ゴール駅」は次の通りです。有楽町・新橋・原宿・西荻窪・上野・尾久のnewdaysまたはベックスコーヒーなどが対象です。

東京モノレールでは特別ラッピング 第3新東京市モノレール第2環状線を再現

東京モノレールではエヴァンゲリオンの作中に出てくる「第3新東京市モノレール第2環状線」を再現した特別ラッピング車両が運転されます。

これまでエヴァンゲリオンのデザインにしたラッピング車両は名鉄ミュースカイなどで行われてきましたが、作中の列車が現実に登場するのは珍しいことです。

各車両のドアステッカーは「キャラクターの名言集」が掲示される予定です。

羽田空港第二ビル駅に「エヴァンゲリオン初号機」に設置 なんと高さ2m

東京モノレールの羽田空港第2ビル駅北口改札内にエヴァンゲリオン初号機を設置するということが発表されました。スタンプラリーが設置されているのは天王洲アイルのみですが、飛行機に乗らなくても2mの「エヴァンゲリオン初号機」を見に行くために、乗車してもいいかもしれません。

羽田空港第3ターミナル駅にはエヴァンゲリオンフォトスポット

羽田空港第3ターミナル駅にもエヴァンゲリオンのフォトスポットを設置します。

場所は浜松町方面ホーム後方に設置されます。

『新劇場版:Q』の碇シンジと渚カヲルの名シーンをデザインしたということです。

エヴァンゲリオンスタンプラリーにお得なきっぷは「休日おでかけパス」

今回のスタンプラリーで50駅達成を目指す方は休日お出かけパスがおすすめです。

紙タイプとSuicaタイプがあり、Suicaタイプは50円安いです。料金は大人2670円とお高めですが、乗り降りを何回も繰り返したり、東京モノレールにこの切符で周ることができるのでお勧めです。

このきっぷは1日間しか有効期限がない・土休日しか発売されないという点と、1日で50駅周らないといけないのが欠点ですが、高崎・宇都宮・土浦・小田原の人も「休日おでかけパス」を購入すれば、エヴァンゲリオンスタンプラリーに参加することができるので、参加してみてはいかがでしょうか?

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事