JR九州787系を改造した「36ぷらす3」の先行販売が8月1日始まりました。1日目の予約状況としては出だしは順調で16~18日については各18席、個室5室をすべて完売させました。新しく走らせる列車としては大好評を博しているといっても過言ではないでしょう。

【大好評】「36ぷらす3」の通常販売は8/7から開始

「36ぷらす3」の通常販売は8月7日の11時から実施します。今回先行販売で座席数など限られていた中ではありますが、たった一日で満席にさせたのは豪雨災害や新型コロナウイルスの影響の中でこれだけ席を埋めることができたのは大好評だったと言えるでしょう。空席があるのも19日の博多~長崎の往路と復路それぞれ、個室が1つのみ空席となっている以外は満席となっています。

さて、「36ぷらす3」の通常販売ですが、通常販売が2020年8月7日の11時から開始となります。先行販売とは異なり、10月16日の運行開始分~12月14日分までの約2か月間分について発売されます。10月16日~19日については先行販売が行われたため他の日に比べれば、残席は少々少なめ。しかしながら19日以降なら予約は割と取りやすそうなのかと思います。

豪雨と新型コロナウイルスの影響でJR九州自体の経営は厳しそうですが、「36ぷらす3」をはじめとする新しい列車は今後とも好評の列車になるといいのでしょうか?興味がある方は是非乗ってみてはいかがでしょう。料金は個室と座席で異なる他、区間やプランによって異なり、大人一人1万2000円~3万円です。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事