1月30日、常磐線では勝田工臨撮影のため、始発前から鉄道ファンが大暴走をしました。

始発前から改札前が大混雑

Originally tweeted by Harry (@Harry__Photo) on 2021年1月29日.

勝田工臨というレール輸送列車を撮影するために、常磐線勝田駅の改札前には、営業開始前でシャッターが閉まっている段階で、大きな脚立や三脚を持った鉄道ファンで大混雑していました。

まさかのキセル集団?

Originally tweeted by あまの (@amano_214) on 2021年1月29日.

改札が開くと同時に鉄道ファンは我先に良い場所を取ると一目散に走り出しました。機材が接触する可能性もお構い無しで、改札でエラー出ても突破するまでです。正しく入場することや安全よりは自分の撮影が遥かに大切なようです。

ホームでは罵声大会が

Originally tweeted by さ (@KEIO_GOMI) on 2021年1月29日.

言うまでもなくホームは大混乱で罵声大会が繰り広げられました。改札前で待っている段階で列になっていませんでしたし、譲り合うのが当たり前なのですが、前の人は絶対に入れ替わりなどしませんし、後ろの人が大声で威嚇したりと、全くコミュニケーションが取れていません。

同じ鉄道ファンでも協力する場面というのは限定的で、例えば誰かが黄色い線をはみ出して注意されなければそれに続きますが、みんなでルールを守ろうという意識はありません。あくまで自分がより良い写真が撮れればそれでいいと考えているのです。

これだけ人が居ればまともな写真が撮れるのは極わずかなの人ですが、これだけ多くの迷惑やリスクを背負っても同じ構図の写真を量産することしかできません。

置き換え発表で沿線も以前より混雑

Originally tweeted by ちょこれ~と。 (@isumi52125) on 2021年1月29日.

沿線でも多く鉄道ファンが見られました。工臨の置き換えが発表されたということで信じられないぐらい人が増えています。5年前は数人しか居なかったということですが、これも葬式鉄の実態です。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事