京阪電車は2021年1月22日より車内広告用デジタルサイネージを順次搭載すると発表しました。設置完了は2022年度ということです。

今回京阪電車としては初めて「デジタルサイネージ」を車内広告として採用するとのことです。

【京阪】初のデジタルサイネージ導入 

導入される車両は6000系、13000系

今回京阪で初の導入となるデジタルサイネージですが、導入される車両は6000系車両(112両)、13000系車両(85両)ということで、2021年1月22日に導入を開始し、2022年度中に全対象車両への設置が完了するということです。

デジタルサイネージは18.5インチLCD 車両3カ所に千鳥配置

広告用デジタルサイネージは乗降用扉6カ所のうち3カ所に設置されます。

18.5インチのLCDが設置され、案内表示機が持っている車両位置情報などを活用することで、大阪・京都などの特定エリアに限定して広告コンテンツを分けて配信することも可能ということです。

でも、当面の間京阪自社広告のみ

ただ、当面の間は京阪の自社広告のみの配信となり、全車両にデジタルサイネージが設置されるまでは京阪グループ外の広告は配信しないということです。

2022年春までに京阪グループ外の事業者の広告が集まるかどうかについても疑問が残ります。「広告するほどでもないので、お知らせだけしておきます」とデジタルサイネージで表示されるかもしれませんね。

デジタルサイネージ配信の仕組み

今回のデジタルサイネージはサイネージコンテンツ配信システムと親機との間は4GLTE回線を使用して、車内中ほどの位置にSIMが入った親機設置して子機との通信は車内無線LANで通信をします。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事