10月16日、京成3000形が金町線に初入線しました。ネット上では驚きの声があがっています。

金町線になんと3000形が入線

https://twitter.com/yuki_C16123/status/1316979563889532929?s=19
https://twitter.com/ts_maroon/status/1316971578291294209?s=19

京成3000形3022Fが試運転を行いました。ネット上でも大きな注目を集めたのが3000系列として初めて金町線に入線したことです。

金町線は京成高砂と京成金町を結ぶ路線です。京成3500・3600形4両編成で運行されていて現在は同区間を往復するだけで他路線とは直通しません。

今回は金町線に3000形6両編成が入線するという前代未聞のできごとがあり、ネット上では注目が集まっています。京成金町は物理的に6両編成が入線できないため、試運転は京成高砂から柴又間で行われました。

今回の試運転ですが、可能性が一番高いものとして京成トラベル関係があげられます。同社は通常の運用では入線しない区間を走らせるツアーが何回か行われており、最近では「3400形スカイアクセス線疾走ツアー」です。

ネット上では3000形で行く金町線ツアーのようなものを計画しているのと考えられています。また3000形を4両化するのではとの意見もありますが、機器的な問題で難しいと言われています。

鉄道コムのブログランキングに参加しています。1日1回投票をお願い致します。
鉄道コム

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事