近鉄は2021年4月29日から当分の間、土休日の夜間に運転する特急列車を一部運休にすると発表しました。また、一部列車で行先変更も行われます。近鉄によりますと、新型コロナウイルス影響で利用が減っていることが理由ということです。

運休する列車・運休率は?

2021年4月7日現在は京都~奈良、大阪阿部野橋~吉野の特急列車に運休する列車が発生していましたが、運休する本数を新たに追加するほか、他の路線でも夜間に運休させます。

運休の本数と運休率は次の通りです。

  • 大阪難波~奈良・・・2本・・・6%
  • 京都~奈良・・・21本・・・34%
  • 京都~橿原神宮前・・・18本・・・32%
  • 大阪阿部野橋~吉野・・・35本・・・53%
  • その他の区間・・・運休なし

また、大阪阿部野橋~吉野間の特急列車について3本を橿原神宮前行きに変更となります。既に発売した運休する列車の特急券は無手数料で払い戻しを行います。

鉄道コムのブログランキングに参加しています。1日1回投票をお願い致します。
鉄道コム

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事