1月23日、N700S J12編成が大阪港から鳥飼車両基地まで陸送されました。

2020年度は12編成投入予定

先日から日立製作所笠戸事業所から大阪港まで船で輸送され、鳥飼車両基地まで陸送されてきたN700S J12編成ですが、23日未明に15・16号車の輸送が完了しました。

今回を搬入をもって1次車の増備を終えたN700Sですが、これからも2次車以降の増備や、西日本のH編成の営業開始、九州の長崎新幹線向けなどで活躍する予定です。博多総合車両所には初のJR西日本向けN700S H1編成が搬入済みです。(2021年2月以降2編成投入予定)

JR東海では2022年度までに40編成の投入を計画しており、2020年度には12編成が投入予定です。長崎新幹線でも6両編成4本の導入が予定されています。

鉄道コムのブログランキングに参加しています。1日1回投票をお願い致します。
鉄道コム

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事