2月18日、大井川鐵道千頭駅構内に留置されている12系客車からの部品の盗難が確認されました。

12系客車で2回盗難事件が

大井川鐵道 12系客車

大井川鐵道のよると18日、千頭駅構内に留置されている12系客車からの部品の盗難を確認されました。また、2020年12月1日も同客車からの盗難事象が確認されているとのことです。

2020(令和2)年12月1日(火)確認の被害

・車両窓ガラス損壊
・車掌スイッチ、非常用ブザー、方向幕の盗難

2021(令和3)年2月16日(火)確認の被害

・車両幌の損壊
・方向幕、方向幕指令器、温度計、非常灯、車両紹介の掲示板の盗難

盗難・損壊被害品は列車の安全運転に欠かせないもので、「SLやまぐち号」として活躍していた当時の様子を残す貴重な部品です。12系の営業運転を楽しみにしている人への期待を裏切る行為です。

これらの部品は鉄道ファンからも人気が高く、希少性もあり市場での取引価格が高いのが現状です。盗難目的がコレクションのためか転売のためかは不明ですが、犯人が鉄道ファンならファンとしてはありえない行動です。

大井川鐵道は両件について、警察署に被害届を提出し情報提供を呼びかけています。ネット上では許せないという声の一方で、2回も盗まれるなんて対策しなかったのが悪い、そもそも走らせる気がないと厳しい声があがっています。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事