6月27日、えきねっとがリニューアルされました。元々世間の期待は半々のようでしたが、早くも不便な点が確認されています。

東京なのに大久保が

えきねっとがリニューアルされたことにより他社線まで通しの連絡乗車券が購入できるようになりました。ただ経路検索では相変わらず不親切な設計になっているようです。

例えば「東京」と入力すると候補の1番上は「大久保」になります。リニューアル前の入力した駅名が完全一致していても候補から選ばないといけない点は改善されているものの、東京都に反応しているようですが、まだまだ改善の余地はありそうです。

さらに「新潟」の場合は候補は4番目となります。新潟県内にある全ての駅に「○○(新潟県)」と表示されているわけではないので、この検索順位で便利ということはありません。他にもこのような駅は沢山あります。

リニューアル前よりはマシ...?

リニューアル前のえきねっとでは駅名が完全一致していても候補から選ばなければいけなかったので、例えば大宮から長野を入力しても、候補には阿波大宮から羽後長野となり、選び直す必要がありました。

これよりはマシかと言われると人それぞれだと思われますが、リニューアル後にも問題が発生しているので微妙ですね。

阿波大宮問題は改善されたり他にも便利な機能が追加されているので悪い点だけではないのですが、「東京」「新潟」などの問題が発生していることから、阿波大宮は意図的に直したのではなく偶然ではないでしょうか。

鉄道コムのブログランキングに参加しています。1日1回投票をお願い致します。
鉄道コム

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事