8月15日、大雨の影響により中央西線の複数箇所で土砂崩れが確認されています。

中央西線で複数の土砂崩れ

中央西線の木曽平沢駅~贄川駅間土砂崩れが発生しました。名古屋駅~高蔵寺駅間は列車本数を大幅に減らして運転をしており、高蔵寺駅~塩尻駅間は終日運転を見合わせます。

Originally tweeted by ハル🐾 (@HARU_Ateam21) on 2021年8月14日.

現在、復旧作業が進められています。

古虎渓駅では駅構内で土砂崩れがありました。

鉄道コムのブログランキングに参加しています。1日1回投票をお願い致します。
鉄道コム

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事