2月3日、野岩鉄道で車両の部品が盗まれる事件が発生しました。

方向幕が盗まれる

被害にあった車両イメージ

野岩鉄道によると、会津高原尾瀬口駅構内に留置されていた61103編成から車両部品が盗難される被害を確認したとのことです。列車種別表示器、行先表示器、方向幕が盗難されました。

同社は「安全運行及びお客様のご案内に欠かせないものであり、当社の営業運転を妨害する行為であるとともに、ご利用・ご支援いただいている皆様の期待を裏切る行為です。」とコメントしています。

鉄道部品などを盗む、いわゆる盗り鉄ですが、被害が相次いでいます。営業列車、保存車両問わず発生しており、盗品で換金が難しいため鉄道ファンがコレクター目的で犯行に及ぶことが多いです。

同社は警察署に被害届を提出しました。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事