東京急行電鉄株式会社は、2023年夏より東急線において、「クレジットカードのタッチ決済」とVisaなどの「QRコード」を用いた特別乗車券の販売および改札の入退場に関する実証実験を開始します。本実験は、交通系ICカードを主軸としながらも、スピード感のある多様な乗車券サービスを提供することを目的としています。

導入の背景

日本では、「Pasmo」や「Suica」などのICカードと鉄道の乗車券が利用されています。また、「クレジットカードのタッチ」や「QRコード」によるスマートフォン決済など、さまざまな新しい技術も登場しています。2020年の東京オリンピック・パラリンピックを控え、こうした新しい決済技術を鉄道サービスに導入することが重要な課題となっています。近年、IT技術の温度差が大きくなってきており、鉄道サービスと連携したさまざまな決済技術の導入が喫緊の課題となっています。そこで、東京急行電鉄では、2023年夏から「クレジットカードのタッチ決済」と「QRコード」の実証実験を開始することにしました。

導入により得られるもの

クレジットカードタッチ決済」と「QRコード」を利用した乗車券サービスの導入により、より便利で安全な決済手段で乗車券を購入できるようになります。本サービスの導入により、お客様は、プリペイド式ICカードや紙の乗車券を購入する必要がなくなり、より簡単に乗車券を購入することができるようになります。また、PasmoやSuicaなどの既存のICカードシステムとも連携するため、複数の決済手段を簡単に切り替えることができます。さらに、近年増加傾向にある海外からの旅行者にとっても、安心・便利なチケットの購入が可能になります。

今後の予定

2023年夏に一部駅(主に田園都市線)、2024年春に東急線全駅で実証実験を行います。また、本サービスの導入により、紙の切符の使用量削減、お客様の利便性向上、切符購入担当者の負担軽減が期待されます。さらに、「クレジットカードタッチ決済」や「QRコード」の導入により、改札や保安検査場、切符購入カウンターでのさらなるコスト削減が期待されます。

おわりに

クレジットカードタッチ決済」と「QRコード」を利用した乗車券サービスの導入は、東急線にとって画期的なことであり、乗客に多くのメリットをもたらすと思われます。乗車券の購入が容易になるだけでなく、海外からより多くの観光客が日本を訪れることができるようになります。東急線は旅行者にも地元の人にも、より親しみやすい存在になることでしょう。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事