JR東海、東海道線静岡地区でセントラルライナー車両である313系8000番台が静岡地区の普通列車として初運行を行いました。

313系セントラルライナー全6編成が静岡転属 転属でS編成に改番

https://twitter.com/JR211_313_383/status/1503293037992345606

セントラルライナー初運行を行ったのはS4編成が充当されました。

初運行となったのは2022年3月14日、静岡18時06分発の浜松行き829Mの列車です。

「静岡ロング地獄」は少しは楽に?

静岡地区はロングシート車両しかないことで有名で、18きっぱーからは静岡ロング地獄として嫌がられています。

しかし、セントラルライナー車両は転換クロスシート車両のため、これから東海道線の移動が楽になるかもしれませんね。

東海道線では211系0番台が引退5000番台の廃車回送が行われるなど、今後の動向に目が離せません。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事