JR東日本が東北新幹線の被害状況を公開しました。

設備に大きな被害

JR東日本より

2月13日に発生した福島県沖地震により、東北新幹線の新白河~古川間の設備に大きな被害が確認されました。全線運転再開には概ね10日前後、要する見込みです。なお全線運転再開の時期が前後する場合もあります。(JR東日本より)

今まで確認されていた架線柱の折損に加えて橋脚のひび割れが確認されました。架線柱の交換や橋脚の補強が必要なため、復旧まで長期間かかってしまいます。

なお在来線では救済臨として185系による上野~那須塩原を往復する臨時快速列車が運転されました。結果的に一般向けではなく鉄オタ専用列車となってしまったので、明日以降運転されるかは微妙です。

明日以降、今日と同じダイヤで運行する場合向けにスジを記載します。※一般の方の利用を想定しています。

9409M
上野⑬ 11:00
大宮⑨ 11:2*

9411M
大宮⑨ 11:28
小山⑩ 12:06-07
宇都宮 12:26-27
那須塩原 13:02

9410M
那須塩原 13:20
宇都宮 1354
小山 14:16-17
大宮 14:52-53
上野 15:18

鉄道コムのブログランキングに参加しています。1日1回投票をお願い致します。
鉄道コム

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事