2022年12月18日午前4時ごろ、JR東日本鶴見線昭和駅で架線から出火する事故が発生しました。JR東日本では電力設備点検のため午前5時ごろから運転を見合わせています。

鶴見線昭和駅火災・火花の様子・原因は?

こちらは鶴見線昭和駅で架線から出火している様子です。架線設備でショートを起こしたのか、架線柱から火・火花が出ているのが分かります。原因はJR東日本から公式発表がないため、原因が分かっていないということです。

この影響で鶴見線は武蔵白石~扇町間の上下線で運転を見合わせています。

これには利用客からは「こんな時間から鶴見線が死んでいるのか」「鶴見線運転見合わせって珍しいな」との声が上がっています。

運転再開はいつ?

JR東日本によりますと、運転再開見込みは午前9時30分頃を予定しているということです。(18日午前7時現在)また、状況により運転再開時刻が前後する場合がありますのでご注意ください。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事