7月14日、JR東海は大雨の影響で被災した高山本線と飯田線の被災状況と運転再開見込みを公表しました。

特急は全線運転再開まで運休

・高山本線

飛騨萩原駅~飛騨小坂駅間、渚駅~高山駅間

7月20日始発までに運転再開する見込みです。
※7月16日から、主に定期乗車券・普通回数乗車券を持っている乗客を対象に、同区間にてバスによる代行輸送を行う予定です。

飛騨小坂駅~渚駅間

国道41号で大きな被災があり、隣接するJR東海の設備も被災しました。
現在、道路管理者とJR東海が連携して、当該区間の復旧計画を進めています。
運転再開時期は決まっていません。

下呂駅~高山駅間の普通列車は、バス代行輸送(飛騨萩原駅~飛騨小坂駅間、渚駅~高山駅間)を含めて列車のダイヤを変更して運転します。

・飯田線

水窪駅~平岡駅間

運転再開まで約3ヶ月を要する見込みです。

※天候の状況等により、運転再開時期やバス代行輸送が変更となる場合があります。
※より詳細な運転再開時期が決まり次第お知らせします。

不通区間を除く全区間にて普通列車は通常どおり運転します。

・特急列車

特急「ワイドビューひだ」は、本数を減らして、名古屋駅~下呂駅間及び高山駅~猪谷駅間の運転を再開しています。

特急「ワイドビュー伊那路」は全線運転再開まで全列車全区間を運休します。

鉄道コムのブログランキングに参加しています。1日1回投票をお願い致します。
鉄道コム

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事