2000年代に新性能車両の代表格ともいえるE231系電車が登場してから約20年。E231系電車が登場するまでは115系電車や211系電車など国鉄時代から引きついた車両も含め、古い車両が多く走っていました。登場によって通勤ラッシュ時に乗降がしやすいように普通車全車両が3ドアから4ドアに、車両が従来車両と比較して省エネになるなど大きく進化した部分も多いです。

しかしながら、従来の車両と比較して乗客が不満を抱えるであろう点が多くあったのも事実です。特に座席が従来の車両より硬くなったと感じる人も多く「陳腐化した技術」として鉄オタの方がネット上に書き込んでいたという光景も見られました。

今回はE231系電車の固い座席がどうして生まれたのか?ということと、JR東日本がどうして固い座席を採用したのかということを今回記事にしました。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事