6月12日午前10時15分ごろ、京成青砥駅で脱線事故がありました。京成押上線に直通する予定だった北総7300形が青砥駅入線時に8両中後ろ2両が脱線しました。

架線にパンタグラフがぶら下がっている光景が

後ろ2両が脱線しているのが見られます。目撃者によると轟音が聞こえて様子を見てみると脱線していたとのことです。現在も脱線箇所の区間で運転見合わせが続いてその他も遅れが生じています。

大破したパンタグラフと傷ついた枕木が脱線の激しさを物語っています。パンタグラフが架線に引っかかったか、ポイント切り替えにトラブルがあったのではと言われていますが脱線の詳しい原因はわかっていません。

鉄道コムのブログランキングに参加しています。1日1回投票をお願い致します。
鉄道コム

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事